インプット(予習、振り返り)、アウトプット(小テスト、復習)のサイクルで、理想と現状のギャップを少しづつ縮めていきます。小3生~高3生まで対象。テスト対策も完全無料!追加料金は一切いただきません。家で集中して勉強ができないお子さまは、勉強部屋としても当塾をご利用ください。学校の宿題の質問もいつでも受付!
お知らせ

【ブログ】とにかく褒める

///////////////////////////////////////

小・中・高校生対象の学習塾を運営している
個別進学会ノアコンパス塾長の高井洋之です。

「お子様への教育」や「親としての在り方」などに
役立つ情報を提供できればという思いから
私のこれまでの経験や学びをシェアしていきたいと思います。

///////////////////////////////////////

 

こんにちは、高井です。

先日、初めて娘たちのピアノ教室の送迎をしたのですが

この教室は絶対人気があるだろうなと感じました。

 

娘たちはもちろん
親である私もちょっとうれしく感じたのです。

 

それは・・・

 

「すごい上手!天才!」
「先週よりうまくなってるよ!
ちゃんとお家で練習してきたんだね。」
「あらお父さん、すごいイケメン!かっこいい!」

 

・・・・・・・・・・・
とにかく褒めてくれる!
・・・・・・・・・・・

 

これです。

 

私も何十人と生徒たちに指導していますが

 

・宿題をやってこない生徒
・授業中ぼーっとしてやる気がない生徒
など

 

どうしても数人は存在します。

 

いろんな対処法を講じるのですが
残念ながらなかなか問題は解決しません。

 

そこで、ピアノの先生のことを思い出し
褒めポイントを探しては
とにかく褒めることを徹底しました。

 

「この問題難しいのによく解けたね!」
「きれいな字だね!」
「おつかれさま、集中してがんばったね!」

 

生徒たちの表情はニンマーリとなりますし
褒めている私もとても気持ちがいいです。

 

さらに定期的に保護者様にも褒めたことを
LINEで報告しています。

 

親御さんもうれしいでしょうし、生徒は家でも
親から褒められるわけです。

 

 

まとめると、

(1)生徒は私からも親からも褒められてやる気が出る
(2)わが子を褒められた親もうれしい
(3)自分も気持ちよく仕事に向き合える

本来の意味合いと違いますが、まさに

 

三方よし!

 

ということです。

 

「褒めることが苦手」という方もおられると思いますが
褒めることはスキルなので練習すればだれでも
自然にできるようになります。

 

例えば

 

身の回りにあるものを褒めてみてください。

 

「黒光りしたクールなスマホですねー、かっこいい!」
「文字が大きくて見やすいカレンダーですねー」
「自然な木目調で落ち着くテーブルですねー」

 

最初はこの程度からでもOKです。

 

そして次の段階で
人を褒めていきましょう。

 

まずは気心のしれた友人の洋服や髪形、
持ち物を褒めるのもいいと思います。

 

さらに
お客様、会社の同僚や上司、部下、ご家族
など…

 

どんどん人間関係が良くなって
仕事も勉強もプライベートも、毎日がとても
楽しくなります。

 

まずは

 

” 一日一褒め ”

 

それでは、また(^^)/

PAGETOP